SDGsへの取り組み

※画像をクリックで詳細ページにリンクします。

 SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものです。

 あおぞら福祉カレッジが提供する SDGs 時代の福祉教育

福祉教育を通し、個の成長において以下のSDGs目標に貢献します。

※画像をクリックで各項目の詳細ページにリンクします。

 あおぞら福祉カレッジが提供する SDGs 時代の商品開発

企業向け研修や商品開発、コンサルティングは、組織の成長において以下の目標に貢献します。

※画像をクリックで各項目の詳細ページにリンクします。